スタッフブログ

子どもの低体温、アレルギー

 

 

 

現代の子どもは体温が低く

アレルギーも増えているといいます。

 

 

子どもは36度五分から37度が平熱ですが

36度五分以下の子どもが増えてきているといいす。

 

 

また、アトピー性皮膚炎、喘息、鼻炎

などのアレルギーも多く目立つそう。

 

 

そういう子に限って朝ごはんは

パンとジュースだったり

米を食べなかったりします。

 

 

糖質は脳の栄養となりますが、

甘いものは急激に脳に送り込まれて

血糖も同時にあげます。

 

 

それを下げるためにインスリンが

働いた結果、

低血糖となりまた甘いものが

欲しくなる繰り返しです。

 

 

この食習慣こそ原因の1つであり、

元気がでなかったりすぐキレたりします。

 

 

 

米は糖質の吸収が穏やか。

よく噛めば噛むほど良い。

 

 

アレルギーで悩む人は年々

増え続けていますが、

食習慣をまず変えてみてはどうでしょうか?

コメントを投稿する
コメントを投稿する

CAPTCHA


カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事