スタッフブログ

油と砂糖

 

 

 

実験用のマウスに油を食べさせると

モルヒネがもたらす快感と全く同じ

反応をすることがわかったらしいです。

 

 

食べ物の美味しさの快感にはβエンドルフィンや

ドーパミンが関わっています。

 

油を食べるとこれらが放出されます。

 

美味しさは味覚だけではなく

脳の快感が美味しいと感じさせるということでした。

麻薬と同じメカニズムなので

なかなかストップがかからないもの

ムリはありません!

 

 

油は生きていく上で重要なエネルギー源ですが

砂糖は違います。

砂糖は中性脂肪となり

体に蓄えられます。

 

 

砂糖を完全にやめると

炭水化物や油が欲しくなります。

 

 

糖質は炭水化物として摂るべきだし

油の摂取量が増えたとしても

健康にはいいかもしれません。

 

 

 

コメントを投稿する
コメントを投稿する

CAPTCHA


カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事