最新情報

体を冷やす?!NG食材&代謝アップ食材

 

いつもABCLAB・アスリート治療院をご利用いただきありがとうございます(^^)

 

 

近頃気温もグッと下がり、

体温調整も難しくなるこの時期

 

「冷え性」の方は代謝が更に悪くなったり、

免疫力が低下することも、、、

 

この症状に当てはまる方は、

食材選びにも注意が必要です。

 

そんな方のために、

体を冷やしやすい要注意食材と、

なるべく体を冷やさない食べ方をご紹介します(^^)

 

 

I036836313_698-524.jpg

 

 

◎身体を冷やすNG食材

 

一般的に夏が旬のものや、

熱帯地方で栽培される野菜や果物には、

体を冷やす作用があると言われています。

 

夏が旬の食材も、

今では輸入や特殊栽培で一年中購入できるので、

何が旬な食べ物かわからない方もいるかもしれませんね(^_^;)

 

夏が旬の食材は、

のぼせやほてりを鎮めたり、

熱を冷ましたりといった作用があるので、

これは暑い夏にこそ取り入れたいものです。

 

特に冷え症の方が気をつけるべき食材は、

たけのこ、なす、ゴーヤ、とうがん、

果物では梨、柿、すいか、キウイ。

 

意外なところではワカメ・昆布・海苔、そして緑茶です。

 

 

◎代謝UP食材

 

体を温める食材としてオススメなのは、

肉類(特に鶏肉・羊肉)、エビ、

野菜ではかぼちゃ、さつまいも、にら、ねぎ、生姜、ニンニク、らっきょう、

穀類では黒米や赤米、

種実類では栗、くるみ、そして麹。

 

 

香辛料など辛いものは刺激が強いので、

摂り過ぎには注意が必要ですが、

適度に取り入れることで体を温めてくれます(^^)

 

 

果物は体を冷やすものが多いので、

いも類やナッツ類、ごま、シナモン、黒砂糖、はちみつ、バター、酒、紅茶などを合わせるとバランスがよくなります♪

 

果物をジャムにしたり、

コンポートにしたり、

干したりするのも良いですね!

 

 

皆さまも食材選びには気をつけて、

北海道の寒い季節を乗り切りましょう(^^)