スタッフブログ

ビワ

 

 

ビワの青酸毒は体内でタンパク質分解酵素によって

アミグダリンとなり、体内酵素の働きで

ビタミンB17となる。

 

このビタミンB17が癌細胞を抑制すると言われています。

 

 

このビタミンB17の元となる青酸は

梅干し、あんず、すももなどにも多く含まれています。

 

 

 

コメントを投稿する
コメントを投稿する

CAPTCHA


カテゴリ

月別アーカイブ

最近の記事